上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国立競技場へ着きました。すでに10名くらいの方々がいらっしゃいました。
とりあえずaちゃんと座って、何か食べようと言ってると、aちゃんのお友達
(私も顔は知ってる)の男の子達が来ました。
寒いねーなんてしゃべってると、その中の子が車できててコンロと土鍋があるって出して。
コンビニでおでん買ってくるなんて言い出して。数十分後、コンビニおでんを土鍋にうつし、
私が持ってきたおたまを添えると、なんとまあ、本格的なおでんでした(意味不明)

その前に、これまた若いYくんと「スタジアム一周してみようえ」とぐるっと散歩してみました。
1時過ぎぐらいだったと思います。
清水サポが待機する門の前では、清水サポさんも何人か徹夜組がいらっしゃいました。
なんか・・・オシャレでした(笑)
ビーチなんかに持っていく、ベンチとかテーブルあるでしょう?組み立てるやつ。
あれを出してて、電気なんかもついてて、みんなで談笑しながらコーヒーみたいなの飲んでました。
スマートや・・・なんかノウハウがあるんやろうか。
とりあえずいろんなもの持ってきた!おたまもあるよ!っていう私とは大違いや・・・
「ナビスコファイナル」と書かれたでかい看板を見て、気持ちが盛り上がります。
細いYくんがカゼひきやしないかと心配してたんですが、「大丈夫っす、なんか熱いっす」と。
ここにもおかしい人がひとり。

そうしていると、ミトマスクさんご一行が到着しました。
北九州発の、一番遅い飛行機で来たそうです。
しばらくしおしゃべりなどして、ではさっそく鍋を・・・おうどんを。

鍋にミネラルウォーターを入れて、ダシとか入れて火をつけました。
ニンジン入れて、つくね入れて、いろいろ入れておうどん入れて。
母はものすご心配してましたが、私はこういう「いろんなもの入れて煮る」系は
ほっといてもおいしくなると信じてるので、とりあえず煮ました。

できたよーと配ります。「ありがとう、おかあさん」と言われました。
いや、否定はせんけどな。もうモロ「おかあさん」やったけどな。
割烹着を持ってこんかったのを後悔するぐらいのおかあさんっぷりやったけどな。
初対面の方がたくさんいたのですが、
その人達は私のことを本当に「炊き出しのおっかさん」って思ったと思う。

おうどん、おいしかったです。寒い中、温かいってだけでおいしいし、
なによりみんなでうわーって食べたのが楽しかった。
その後も4回くらいに分けておうどんとか、後から卵足してスープっぽくしたりして堪能しました。

あ、このときの(私の中での)ホットな話題は「チャック」。
あの、ジーってしめるやつのこと、何ていいます?「ファスナー」って言いませんか?
チャックって、なんか言うの恥ずかしいっていうか、古いっていうか、普段言わなくないですか?
それをあっさり「チャック」と言った人がいて、「チャック?」と激しく反応したのですが
そこにいた人みんなが「チャックやろ」というのです。
aちゃんは「ファスナーよな」と。どうでもいい話なのですが、私はすごいおかしかったんです・・・。

いろいろやってたら3時とか4時とか。少し寝ようかってaちゃんと言ってたけど
私たちは寝袋を持っていませんでした。
車できてた子が寝袋を買ってきてくれました。
寝袋ですよ!すっごいうきうきしました。寝袋!!人生初です。
普通にドンキホーテとかで売ってるらしいですね?すっごく特別なものでもないらしいですね?
なあなあ、私これから寝袋で寝るんよ!と誰かにメールしようかと思ったけど
深夜4時にそんなメールもらってもねえ。
まずね、どうやって着たらいいのかわからなくて。あれ、入るんですね?
だって「袋」だもんね?
ファスナーを全部びよーーっと広げて、はじっこがつながった1枚のおふとんみたいになってしまって
え!と思いました。これ何?って。
「ああこれ、ファスナー閉じて袋状にして中に入るんや」と気づくのに30分はかかってました私。

寝袋に入って、門に頭を向けてアスファルトの地面にごろん。
予想以上に温かかったです。いいわ、寝袋。今度からおうちの中でも使ってみます。

でも結局30分くらいしか眠れず、始発の電車が走り始める時間になりました。
人が集まるよなーと思い、お片づけを。
寝てる人がほとんどで、なるべく音をたてないように片付けてたら、
vakamaxの若い男の子(だったと思う)と、ffのTさんが、手伝ってくれました。
ありがとうございました。

ここで今後スタジアム前とかで徹夜する方にアドバイスを。(え?いらん?)

とにかく、あらえるリスクを想定して準備をしっかりと!です。特に冬場。
予想以上に寒いし、寝れないのは翌日つらいです。
あと、女性はやっぱりちょっと危ないかもしれません。
2時くらいに、清水のサポーターが清水のチャントを叫びながら通りすぎたりもしました。
けっこういろんな人が見にきたりするし、女性だけは避けた方がいいと思います。
スタジアム門前で夜を明かした人は結局20?30人いたんですが、
ずっといた女性は結局私とaちゃんともうひとりffの女の子だけでした。
普通女子はこういうことせんのかな。そんなこと考えてもなかったけど。

電車が走る時間になると、続々とサポーターが集まってきます。
片付けはやめにしといてよかったです。
私は全身からうどんのダシのにおいがしてる気がして心配でした。
7時過ぎに、私の両親と叔父・叔母も到着。
開口一番に「うどん、したん?できたん?」と聞く母。
「大丈夫よ、100%おせじと思うけど、
料理できる女の人がおるといいなあって言った人もおったよ」と伝えると
母と叔母、爆笑。「ありえん」と。

続々と集まってくるのに、警備?係員?の誘導は遅かったです。
サポーターが声かけたり、仕切ったりしてました。
もっと早く、「場所を取ってない人はここから並ぶ」とか「ここが最前列」とか言ってくれないと。
前売り券の様子で、どれだけ人がくるか、わかってるだろうに・・・ねえ。

⇒試合まで編へ



Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/949-1d14ed92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。