上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナビスコカップ決勝戦に向けて、ゴール裏サポーター有志の方が
オリジナルTシャツを作成されています。
収益は、人文字作成のときに使うカラーボード購入資金に充てられるそうです。

詳しくはコチラからご覧いただけます。
東京住みの私は、一番遠いのがホームです。なのでホームの試合に行けるのは1年で数回程度。
開幕戦のカラーボードでの人文字(コレオグラフィーって言うんでしょうか)も
いつもは完全に「見るだけ」です。
毎回、すごいなぁ・・・って唖然呆然です。

そんな私も、1回だけカラーボードに参加したことがあるんです。
いつのどこの試合だったか忘れたけど。
「え!今日これ(カラーボード)するんや?どうすればいいん?いつ上げるん?」とあせる私に
「大丈夫、みんなわかっちょんけん、周りに合わせれば大丈夫」と答えた妹。

はっきり覚えています。
素早く配られるカラーボード。合図と共にさっと上げる「わかってる」サポーターのみなさん。
うまく言い表せないくらい、感動しました。

誰がこれを準備したんやろう。
文字とか配置とかどうやって考えたんやろう。
こうやって何も言わなくてもみんなが息ぴったりに上げられるようになるまで
どんな努力があったんやろう。
ワタシ今どいういう文字に参加しちょんのかえーとかいう思いより先に
驚きと感動で胸がいっぱいになりました。

同時に思ったのは、こういうことに自腹を切ってる方がたくさんいるんだということ。
あのカラーボードが1枚いくらするのか知りませんが、あれ何枚ありますか。
たまにいるけど、だからあのボードを日よけがわりにつかったり、折ったり曲げたりなんて
絶対にしてはいけないと思うのです。


練習場に置かれた木のベンチとか
アウェー初戦でホームから来た方が配ってくれた、コールが書いた歌詞カードとか
数千枚ものカラーボードとか
地道にビラを配ったり、署名を集めたりの活動とか

そういうことを黙々とやってる方がたくさんいるんでしょう。
今回のTシャツも、まず「サポーターが作った」ってとこがいいと思いました。
私も、ほんの少しでも、トリニータを盛り上げる活動に協力できたなら。


---ここからはひとりごと---
・・・本当は、募金の口座みたいなの作ってもいいと思うんですよ。
必ず、ゴール裏の活動に使いますんでって言って、収支を月1とかで報告すれば。
ゴール裏で汗かいて一生懸命応援してる人に「飲み物差し入れたい!」って人、
私の周りにいっぱいいます。年寄りですが。
ちょっと怖くて、近寄れない、声かけられないだけ。
カラーボード見て「こういうのに少しでも・・・なあ」って協力したいって人もいっぱいいます。
でもそんなこと(口座作って募金)してないのには、きっと理由というかポリシーがあるんでしょうね。
---ひとりごと終わり---

ナビスコ決勝、本当に楽しみですね!!!
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/917-158db16e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。