上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1-3で勝ちました!!やったー。

今回はサポーター少なめで、私は貴重な現地組なので
なるべくたくさん、覚えてることを書きます。
千葉のことは書かずに大分のことばかり書きます。
周作が復帰です!赤のユニ。背番号「1」。なんかじーんとしました。
久しぶりに周作のコールをしました。
本当に嬉しそうに、にこにこして何回も頭を下げてくれました。
でもちょっと緊張してたように見えた。
アップのとき、柔軟体操を補助してるGKコーチがずっと周作に
「これで痛い?」みたいに様子を聞きながら柔軟してました。

始まってすぐのゴール。森重です。最初誰かわかりませんでした。
ゴール前にぐちゃっといっぱいいて、その中でシュートが決まったのは見えた。
誰?って思ってたら森重とのこと。開始数分でのできごとでした。
大盛り上がりでした。
その後も前半はトリニータペースだったと思います。
2点めの高松のゴール、しっかりとは見れなかったのですが
決めたのが高松ということはすぐわかりました。
いつもの冷静な反転シュートだったそうです。
前半で2-0かよ!と浮かれ気分になりましたが、今年のアウェイでは
こういうのからひっくり返されることが多いので
だめだめ、まだここから!という雰囲気でした。
もう勝ったも同然やな!みたいな雰囲気は、微塵もなかった。

そして相手にPKを取られてしまいます。
これは多分、深谷?が取られたんかな。
このPKに猛抗議する選手。シャムスカも前に出てきてました。
そもそも、相手選手のハンドっぽいのがあったんです。
私がいた位置からは「あれ?ハンドやねん?」とはっきり見えました。
それを流して、そこからぐちゃっともつれて、深谷のファウルを取られた。
大海がありえんぐらいエキサイトしてました。
よくイエローもらわんかったなっていうぐらい、審判につめよって
すごい勢いで怒ってました。
印象的だったのが、このときの周作です。
とても冷静に、「PKなんですね?止めればいいんですね?」みたいに
腹くくった感じで、とても静かに自分の調整をしているように見えました。
誰かが(多分ホベルト)周作に抱きついて「がんばれ」みたいに
励ましてました。
PKは、決められてしまったのですが、周作は読んでた。おしかった。

そしてそして、司の3点めです。これよかったです。
藤田からの転がるようなパス(クロス)に司が合わせました。
一瞬、入った?え?みたいになったけど
すぐにゴールだとわかり、大盛り上がりです。
このゴールを、雅人ゴールと間違えた人もいましたが、司です。

後半は、千葉ペース。というより、トリニータが全員守備でした。
ほとんど、攻めない。私たちがいた側(相手キーパーのそば)に
ボールがくることがない。
誰かが倒れて、その位置は大海の位置だったし背が高い選手だったから
「大海や!」と思ったら高松でした。
それぐらい、大海の位置に高松がいたぐらい、全員守備でした。

・・・ここからは箇条書きにさせてください。
そしてここからは大海のことばかり。

・今日は大海は2回こけて2回担架。うち1回は本当にヤバそうでした。
 腰から落ちて、帰ってくるときは左足(ひざ)を気にしてたから
 ヤバいんじゃないかと心配です。

・1回めこけたときがおかしくて、相手選手にけられたときに
 「いてえ!!」ってアピールしたんだけど、そのまま流れて
 痛そうにしながらも、試合に参加。
 その直後、外にボールが出てゲームが止まったら、スネをかかえて
 ピッチに寝転がってました。
 私マニアだから一部始終みてました。

・前半終わって、引き上げるときの大海をめっちゃ近くで見たんですが、
 遭難して助けられた人みたいな顔でしたって、知らないけど・・・。
 汗びっしょりで、頬がこけてるように見えた。目つきは鋭いし。
 なんちいうん、減量中のボクサーっちいうか。
 やっぱすごい運動量なんだなあと改めて思いました。

・後半大海は右にいました。フクが入ったから?

・今日大海はシュートを1本打ちました。大きく上に外れたけど
 いいよ。ミドルでした。いつか決まったらいいなあ。



こんな感じで。
なんかもう、もうちょっとちゃんと書けたらいいのに。
 
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/662-54c7c9ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。