上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜいきなりこんなことを書くかというと、
私の大切なサポーター友達のブログが、
今までに何回も転用されるということがありました。
言葉は悪いですが、画像も内容も「まんまパクリ」状態。
友人はずっと大人の対応をとっており、もちろん表沙汰になど
していませんでしたが、何度注意しても聞いてもらえないということで
ついに表立ってそれを公表しました。
これをきっかけに、私の意見を書こうと思いました。
よく、何かしらネットのトラブルに巻き込まれた人が
「ネットの世界は怖いわぁ」とか言いますよね。
私はこれにすごく違和感を覚えるんです。

だって、ネットの世界でなくても同じでしょう?
例えば、人のブログの内容をそのまま自分のブログに載せる行為は、
世にでている本や雑誌をコピーして、
それを自分のものとして出版するのと同じ。
例えば、人を傷つける言葉を言ってしまって他人から非難され、
「ごめん、今のナシ」なんて言っても
それを消すことなんかできないわけで、
ブログで不適切なこと書いて公開して、他人から非難されたら削除。
でもそれは「なかったこと」にはならないでしょう?

自分の日記にちょっとでも気に入らないコメントした人がいたら
その人をアクセス禁止扱いにする行為も同じことだと思うのです。
そんなことするんなら、自分の仲いい友達だけで
ブログや日記を公開しあって楽しめばいいんです。

なにが「ネットの世界は怖い」だよ って思うんですよ。
怖いのはネットじゃなくて、
非常識なアナタ自身の存在なんだよと言いたい。


最近の中高生は「携帯」という基盤を通じて簡単にいわゆる
「ネットの世界」へ参加することができます。
そりゃ最初は失敗もあるやろう。怖い思いもするやろう。
でもそのときに頼むから学んでほしい。大人の忠告を聞いてほしい。
友人のブログをパクった人は、一回や二回じゃないんです。
もう何回も、しかもいろんなところからパクってる。
注意したら消して終わり。また新しいブログ立ち上げてそこでパクる。
学べよオマエって思うんです。訴えられたりしても知らんで。

まあ・・・なんというか。
他人の意見、客観的な第三者の意見は傾聴すべきと思います。
(と、自分自身にもいい聞かせてみたりします)
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/603-d75f12f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。