上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.26 第13節_VS横浜FC
2-1で負けました。現地参戦でした。
出来事や思ったことごとに、書かせてください。長いです。

あ。今日のこと、
「応援拒否」とは、ちょっとニュアンスが違うような気がします。
拒否したんじゃなくて・・・うー・・うまく言えん。
<ゲーフラのこと>
1メートルを超える棒はやっぱり長い。
けっこう大変でした、持っていくの。
試合開始前、選手が挨拶にきたとき、よっしゃ!!とあげました。
で・・・肝心の・・・大海がおらん。
スタメン&ベンチメンバーを事前にチェックしてなかったので
このときに気づきました。
大海おらんのに、大海っち書いたゲーフラ出しても・・・
速攻、引っこめました。

<試合内容>
始まってすぐ、カズのほぼ決定的なゴールを下川が見事にはじいて、
なんか流れがこっちに向いてるな!って思ったのもつかの間。
あっさりカズに1点取られました。うまかった。
そして目の前で、ばっちり、「カズダンス」を見ました。
最初から最後まで全部見た。

1点取られたらもうダメなんですという、暗黙の了解でもあるのでしょうか、
これまでと同じ「悪いトリニータ」になってしまいました。
バックパス連発、シュートは打たない。
足が止まってしまう、攻めない。
今日のスタジアムは、ピッチと客席が非常に近かったのですが
選手の声が出てないのがよーくわかりました。

プラチニ、ひどすぎる。森重もひどかったけど。
途中交代で入った宮沢が、今日はいちばんよかったと思います。

<応援>
今日は本当に暑かった。ギラギラの太陽。下のコンクリートは
裸足だと立てないくらい熱かったです。
今日は大分側も横浜に負けんくらいサポーターがいて
(というか、そもそも横浜サポーターが少なかった)
そんな中で応援しました。

始まる前は、「大分よりの使者」をみんなで歌いました。
この歌の内容を選手に届けるつもりで歌おう、と。

なのに。

前半30分くらいのとき、コールリーダが「ちょっと様子を見よう」と
みんなに言いました。
そう、それぐらい、どうしようもなかった。
そしてそれ以来、いわゆるいつもの「応援」が
再開されることはありませんでした。

後半が始まっても、応援は再開されません。
章太が1点返しても、再開されません。

「そろそろ後押ししようぜ!」
「こんなんなら、最初に大分よりの使者なんか歌うなよ!」
そんな声も聞こえました。

私は、です。私は、今日はやっぱり応援できんかった。
途中から応援が再開されたとしても、いつものような感じで応援できたか。
NO です。

ただただ、むなしかった。

調子がいい時に応援するなんか誰でもできる。
悪いときにこそ、応援してナンボ。
選手にも求めてる、どんなことがあっても、
最後まであきらめずに戦う姿勢。
今日、私はこれらが全然できませんでした。

どーでもいいですが、私はゴール裏で声出して跳ねて応援するときは
短パンに裸足と決めてるんです。どんなに寒くても暑くても。
それは、私なりの気持ちの表れというか、今日もがんばるぞ!っていう
ささやかだけど意志表示なんです。
今日は、前半が終わったところで、短パンを長いのにはきかえました。
靴下もはいて、靴もはきました。
今日はもう(自分が)ダメだと思ったから。こんなことは初めてでした。

応援しなかったら、こんなにヤジばっかりになるんだ、
こんだけヤジが聞こえるんだ、とも思いました。
聞くに堪えないヤジもあった。
子供もおるに、おいさんそりゃいけんやろ。

<試合後>
終了の笛が鳴った直後、ダイスケががっくりとひざを落としました。
でもな、ごめんな。それ見ても何も思わんかった。
ゴール裏は速攻で、埋め尽くすように貼ったダンマクを
はがしにかかります。
そして選手が挨拶をするため、私たちがいるところに近づいてきました。
来るな!!! と、拒否。

ピッチに向かって右側の、いわゆる「ゴール裏」ではないゾーンの方が
ひとりすげえ大声で興奮して文句を言ってました。
ピッチと客席は触れ合えるほど近い。
多分、哲平と三木だったと思うけど、その人の話をじっくり聞いてました。
私はそれを見て、最初はしんけん腹が立った。
応援してないくせに、文句だけはいっちょまえかよ!と。
でも帰りの電車の中で、それは私が間違えているなあと思いました。
その人も「お金を払って」見にきてるわけで、
当然文句言う権利はあるよな・・・と。

試合終わってちょっとしたら、哲平が出てきました。
ゴール裏の人と何やら話しをしています。
誰でも、近くに行って聞ける雰囲気でした。
私は今日は「ヘタレちゃん」なので、行きませんでした。
後から人づてに聞いた話ですが、
サポーターの気持ちはわかっている、鹿島戦にもきてほしい と
いうようなことを言ってたらしいです。

<最後に>
チームがこんな状態だと、私たちはやっぱりイライラするし、
イライラするとよくないことが起こったりします。
サポーターを、そんな気持ちにさせんでくれよ。
試合終わったあと、笑顔で「気をつけて!またね!」も
言えんような雰囲気にせんでくれ。
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/489-e7795efa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。