上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.14 大海のこと
大海がセレッソ大阪に移籍することになったことについて
思うことを書きたいと思います。とっても今さらです。
いい知らせなんてひとつもないと言っていいくらいの日々。
幸い私は、目の前に「育児」という一大イベントがあるので
そっちに集中することで、トリニータ関連のニュースには
かなり目をつぶることができています。
でもさすがに大海の移籍については・・・。

誰よりも早く「大分残留」を宣言した大海。
その時すでに、経営がヤバいことは私たちサポーターレベルの耳にも入っていました。
そんななか、声高に「大分を絶対に1年でJ1に上げるため」と残留宣言。
私なんかより、大海の方がよっぽど純粋でまっすぐでした。

その後、経営状態が露呈し、たとえJ2で「優勝」したとしても、借金がある限りは
J1に上がることはできないという事実が発覚。
さらに社長自ら「借金返済には数年かかる予定」旨の発言。
さらにさらに、ポポヴィッチ監督の解任。

手にとるようです。ここで大海の気持ちが切れてしまったんだと思う。
報道陣の前でフロントに対しての不信感をあらわにしていました。




言うまでもありませんが、大海は私にとって特別な選手です。
私がここまでトリニータに「はまった」のは、大海の存在があったからです。
(なぜ、そこまで大海応援してるかは、また書かせてください)

私はアウェイがほとんどの応援ですが、ただでさえ少ないアウェイのサポーターの中で
22番のレプユニを着て、横断幕を貼って、ゲーフラを掲げて。
バカみたいに、大海大海騒いで。
少なくてもいい、私ひとりで100人分応援するわ!と本気で思ってたからです。
そう思って、突っ走ってきたというか、応援し続けてきました。
そういう存在の選手が、真っ先に残留宣言しておきながら、移籍してしまう状態。
悔しくて悔しくてなりません。

ありきたりだけど、これからも大海のことは応援し続けます。
セレッソでもどうか、がんばってほしいです。
これまでのお礼と、これからの励ましを、大海に直接伝えることができなかったことが
すごく心残りです。

あともうひとつ。
今回私は、「サポーターは移籍できない」という言葉についてずっと考えてました。
私でいうと、大海を応援してるんだから今度はセレッソを応援すればいいわけです。

「サポーターは移籍できない」のではなく、「サポーターは移籍しない」のだと思います。
当たり前だけど、これからも私は大分トリニータのサポーターです。

・・・なんだかとりとめのない文章になってしまいました。
ここで言ってもしょうがないけど、大海今までありがとう。
これからもがんばってください。ずっとずっと応援しています。
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/1231-7bd1e829
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。