上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2-1で勝ちました!ホームで劇的なロスタイム逆転勝利です。
久しぶりの高松のゴール。
東の初ゴール。
両方とも素晴らしいゴールでした。
今回は、大分に帰省しての観戦でした。
空港からスタジアムへ直行。広いなあ、九石ドーム。
青い服を着たトリサポがぞろぞろ歩いています。
私にとってはその光景がもう、感動もの。
毎試合、大分ではこんなにたくさんの方が応援にくるんだ と思い、
改めて、人が少ないアウェイでの応援もっとがんばろうと思いました。

試合内容は、前半始まって20分ぐらい?までは、すっごいおもしろかったです。
私はサッカーのことは全然詳しくありませんが、監督が変わっただけで
こんなにサッカーの方法?が変わるん?って思うようなサッカーでした。
(それはレッズ戦の時にも思ったけど)
チーム全体がしたいことが、なんとなくわかるような気がする内容でした。
よく攻めてたし、おしいシーンもいっぱいあった。よし!という声があちこちで聞こえました。

が です。だんだんと、なんだかあんまりよくない感じになってきました。
正直、「今日は0-1かな」って思った。
そしたらですよ。もうみなさん何回も見たと思いますが、試合終了前5分。
まず高松のゴール。これは、このゴールまでにいくつか惜しいプレーがあったから
いい流れ、もしかしたら入るかも・・・って祈るような気持ちでいたら、
さすが高松!!!ほんと、肝心なときに決めてくれるのはさすがエースですね。
監督のところに真っ先に走っていく姿が印象的でした。
このときすでに、私の周りの席は大騒ぎ。誰彼かまわずハイタッチ。
よっしゃ、追いついた!

でも正直←しつこいけど 「今日は引き分けやな!よく追いついた!」って思ってました。
そしたらそしたら、東のあのゴール。
すごかったですね。ああいうの、技ありゴールって言わないの?
空いてる&ボールが出るスペースにダッシュして、うまいこと、ひゅっと狙って打ったような。
ボールがネットに入ったとき、うっそ!!!と思いました。
周りはもう大騒ぎです。
父ぐらいの年齢の男性が何人も泣いてました。私も泣きました。
やったー、やったやったやった!
さんざんハイタッチとかしてピッチを見ると、東はゴール裏にきてたんですね。
えらしいですね。

最後まであきらめないって言うのは本当に簡単で。
でも実際にそれを信じ抜くのは、なんて難しいことかと思います。
今までに何回も、トリニータから教えてもらった。最後まであきらめないこと。
今回もまた、教えてもらいました。

私は単純なので。
いけそうな(何が?)気がするぅー あると思います と、思いました。
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/1140-1df3e902
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。