上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1-2で負けました。

試合終わったあと、今までにないぐらい気持ちが沈み。
それを察した(?)オットがドライブに連れ出してくれました。
ソフトクリーム食べたり、ちょっとふらふらしておうちに戻ってきて。
でも気持ちの切り替えはできず、
まるでベロベロに酔っ払った飲み会のあとのように、そのままベッドに倒れこんで
さっき、すくすくに(なぜか)足首をなめられて、目が覚めました。
4時です、朝の。あー、すくすく、朝ごはんまだよ、悪いけど。

私は今日で、完全に「心が折れた」感があります。

1点先制されて、大輔のゴールで同点に追いついたとき。
ものすごく喜ぶシャムスカが映りました。
選手も喜んでました。
でも私は喜べなかった。「追いついただけやん、あともう1点取らんといけんので」と思った。
甘い私にしては、めずらしいことです。
それぐらい、今日の試合はいろんな意味で「絶対に勝たないといけない試合」でした。

今日の試合は、何なんでしょう。
悪いけど、「死に物狂い」とか「必死」とか、伝わってこんかった。
現地にいたわけでもないのにごめんなさいけど。
いつもと同じ感じがしました。
ボール持ってキョロキョロ。ダラダラとラインが下がる。
あっという間に突破されて、誰もいないところにズドンとやられる。
ほんとごめんなさいけど、例えば鹿島とかガンバみたいに「うまいなあ!」って
千葉には思いませんでした。うまくない。でも、アウェイで2点取って勝ってる。
しんけん、走るやん。選手が一生懸命や。やるぞー!みたいなのが、伝わってくる。
それにひきかえ、大分はどうですか。情けない。

試合後、ピッチに正座してうずくまる大海が映りました。
その後、サポーターの前に挨拶にきたとき、大海はユニフォームで顔を隠してました。
彼は泣いていたのかもしれません。
むげねえ。と思ったけど、でもごめん、泣きたいのはこっちや。でも涙も出ませんでした。

こうなるんや。いろんなことが現実になたら、こんなふうになるんやと、
人ごとみたいに思いました。

目が覚めたら、シャムスカ解任のニュース。
そりゃそうなるのはわかるけど、今さら・・・って思ったし
誰がきてももう同じやろっていうのが正直な気持ち。
こうなった責任は、もちろん監督にあるんだろうけど、それだけか?それだけなんか?
監督のせい!みたいにして、みんなが納得するとでも?

私は今まで「シャムスカには恩がある。降格するなら、他の人とじゃなくてシャムスカと」って
親しい人の前では言ってました。
「J2落ちたらどうする?九州と四国ばっかりや、行けるところ少なくなるわ」とも。

でもそれって、「まだなんとかなるやろう」という気持ち、「まさか、ね」という気持ち。
そんな気持ちからきた、ただの無責任なうわごとであったことが今日わかりました。
これを「危機感がない」という言葉では表したくなくて、なんやろう「チームを信じていた」?
違うなあ。ただの能天気か。
いざ、現実になるとここまで打ちひしがれるんや。

広島出身のオット、去年広島が勝てなくて「降格か?」て騒がれたときにあっさり
「一回落ちた方がええわ」って言ってました。
今日、「あのとき、ああ言ったの覚えてる?なんで?」と聞くと
「だってやる気なかったし。一回落ちて目覚ました方がいいって思った。
それに広島は今までにも落ちて上がってきたことあるし。
落ちても1年で這い上がってこれるって思ってた」と。
へえ・・・・・。
同じこと、私は大分に対して思えません・・・。

今日が土曜日でよかったです。明日でどうにか気持ちを立て直さんと、
一週間仕事がんばれん。

応援に行かれたみなさん、ほんとおつかれさまでした。
19,000人ですか。多いですね。それが、大分サポーターの「答え」ですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/1108-ac702b48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。