上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川崎戦のつれづれです。今日もまた、世界一どうでもいい感じです。
<やっぱ迷う>
何回行っても迷うんです、武蔵小杉駅。なんでやろう。
今日もバス乗り場がわからず、駅の中をさまよってました。
スタジアム着いたのはキックオフ1時間くらい前。
ニータンも出るショー??みたいなのがあったのかどうかわかりませんが、
私が着いたとき、まだニータンはピッチにいました。かわいい・・・

<ヤジ>
ゴール裏からけっこう離れたところにいたのですが。まあ、聞くに堪えないヤジの多いこと多いこと。
キレそうになったのは(出た!)、とある男性が試合中に
「おまえらふざけんな、俺は○○からわざわざ来たんぞ、それなのにこんな試合するんか!」
みたいなことを言ったとき。
多分、私は妊娠してなかったら、「ちょっと」と文句を言いに言ってたと思います。
今日は「もし何かあったら子に悪い」と思っておさえました。
その人はそのあと、中指を立て高々と突き上げたりしてました。
・・・あのですね。
「俺は○○からわざわざ来たんぞ」の一言が、もうどうかと思う。
来なけりゃいい、そんなこと言うなら。
みんなそうでしょう?あんたが叫んだ「○○」よりもっと遠い「大分」から来てた友人が
私の隣りにはいました。
今日に限ってですが、私のお知り合いの方で、入院してた病院から退院、そのまま
家にも帰らずに応援に来てた人もいます。
他にも、もしかしたら試合の後、仕事がある人だっておったかもしれん。
今日来るために、アルバイトを一生懸命した人だっておったかもしれん。
みんな、そうでしょう?必ず「何か」を犠牲(この言葉は適当じゃないかもしれん)にして
どうにかして応援にきてるんだと思うんです。
その人のこと、私は初めてみたけど。すごくイヤな気持ちになりました。
応援なんて、人それぞれだし、やりたいことやればいいのはいいんだけど、
マナーってあると思うんですよ、ある一定の。公共の場なんだし。
あの人はあれは明らかにマナー違反やわ。
こういう人に必ず共通するのですが、応援の声は出さないんですよ。
「おい、おまえら!あと10分ぞ、わかっちょんのか!」って声だけ、大きいんです。
そして試合終了後は、真っ先に最前列に走って行って、身を乗り出して、選手に文句 です。
しょうがないんかな。こんなことここでグチグチ言っても、しょうがないんかな。

<ありがとうございます>
今日も、安産のお守りを2つもいただきました。
奥さんが同じく妊娠されているTさん。
いつも笑顔がかわいい、元気なTちゃん。
本当に、ありがとう。みんなからいただいたお守りは、文字通り、全部常に持ち歩いてます。
お守りを入れる専用の袋みたいなのがあって、銀座かどっかの超いいやつ、
桐の箱に入ったようなのを友達がプレゼントしてくれて、
その袋の中に全部のお守りを入れて、いっつも持ち歩いてます。
一時期、頭痛がつらかったときは枕元に置いたりもしてました。
すごく、幸せです。嬉しいです。

<市原隼人と西城秀樹>
市原隼人目当てのお客さんが確実にいたと思う。メインのあたりに。
「今日始球式をやらせていただくにあたり、フロンターレのDVDを見ました!」って言ってたけど、
・・・え、もともとサポーターだったわけじゃないんや?っち思った。
西城秀樹も、帰ってオットに「あの人、広島出身よ」と言われ。
なぜあのキャスティングなのかわかりませんでしたが、
でも間違いなく西城秀樹のYMCAは鉄板で盛り上がることがわかりました。
あの人はやっぱりスターです・・・(笑)
あ。西城秀樹はオープンカーに乗ってたけど、ニータンは、フロン太くんが押す「台車」でした。
べ、べ、別にいいけど。

<生まれる?>
キーパーアップのとき、大声で「周作!!」とかってコールしてたら
となりにいた、医療関係の仕事をしているTちゃんがボソっと
「私な、産科じゃないんや。何かあってもなんもしてあげれんので」と。
後からじわじわおかしかったです。

<書いていいのかわかんないけど>
マズいということがわかったらすぐ消します。
試合後、選手のバスが停まってるところを遠くから見てました。
そしたら、そこにとある方が普通に歩いてきます。
え、なんでこんなところに?って思ってたら、その方の奥さんらしき女性からカギを受け取り、
どこかに歩いていきました。
その後、その人は車で戻ってきて、奥さんらしき女性に近づき、
その女性に肩を貸すようにした・・・と思ったら、さっと女性を抱き上げ(お姫様だっこ)、
車に乗せて去っていきました。
近くにいた人によると、その女性は、そこに立ってたときに、足をひねって捻挫したそう。
見た目でわかるぐらい、けっこう腫れてたそうです。
それにしても、ですよ。
その女性がいたところから、とある方が車を持ってきてとめたところまで、
ほんの数メートルなんです。ケンケンでいけると思うし、捻挫した方の足をついたとしても
ほんの数歩です。
それをあんなふうに、さっと抱き上げて運ぶ、それがまたすごく自然で、スムーズでした。
奥さん、私より背が高かったと思う。すらっとして、きれいな方でした。
なんか・・・すごいもの見たっていうか、私には絶対起こらないことだわ・・・って思いました。
そのとある方、私はインテリな感じがしてすごく好きなんですが
今日見て「やっぱり素敵!」とか思ってしまいました。

はぁ。今回もまた、くだらないことばっかりですねえ・・


Secret

TrackBackURL
→http://tomoko22.blog66.fc2.com/tb.php/1096-c7650710
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。