上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PK戦にまでなって、なんとか勝ちました。
行きたかったけど、今日はお留守番。父と妹が行きました。

相変わらず脳天気な私達は、「こういう試合で大量得点で勝って
自信取り戻してその勢いをリーグに戦につなげるんや」
なんて話してました。
今朝なんて、母の2-0という予想に、お母さんは弱気やなあ!と笑い、
私が4-0やと言うと、真顔で「そんなとこやろうな」なんて・・・。

横河武蔵野FCに土下座。

トリニータの試合内容は別にして、とてもいい雰囲気だったらしいですね。
試合後、横河武蔵野FCを讃える拍手が大きく起こったとか。
彼らはしんけんに真っ向勝負で挑んできてて
その姿は感動的だったと父が言ってました。

私は昔のことは全く知りませんが、きっとトリニータにも
こういう時代があったんだろうなって思いました。

うちのせい?で、J1チームのシードみたいなのがなくなった今年。
失礼な言い方かもしれないけど、こういう下のリーグでがんばってるチームとの本気試合って
得るものが多く、いろいろ考えさせられるなあと思いました。

応援に行かれたみなさん、おつかれさまでした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。