上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前のことですが、東京に戻ってくる前、
8日の土曜日に行った練習見学のことです。

朝の練習を見に行ったのですが、私がみてたときは
ボールを使った練習は一切してなくて走ってばっかりでした。
ものすごく暑かったので、みんなきつそうでした。
ポポビッチは途中、「慎吾、シンカンセン!」と言ってました。
多分、慎吾の走るペースが速すぎた?ペース落とせってことでしょうか。
2組に分かれていて、それぞれのメンバー構成から見るに、
とっても走る役割の人 と そうでない人 の組に分かれてて、
とっても走る役割の人の組を、ポポヴィッチが直接見てました。
何度か、藤田に「ヨシ、ナイス」って声かけてました。
本当にきつそうな練習でした・・・よく倒れんなあ。

練習が終わって。
渡したいものがあったので、大海が出てくるのを待ってました。

出てきた大海は、いきなりはってあったロープにつまづきます。
張り切って一番前をキープしてた母がびっくりして「気をつけて!ケガせんでよ!」と。
大海は笑いながら「こんなのでケガしませんよ」と言ってました。
お母さん、受験生に「落ちる」とかが禁句なように、
練習場で選手に「ケガ」は禁句やと思うに・・・。

大海は、私の腹をみて「おめでとうございます」と言ってくれました。
「どっちですか?」「女の子です」「いいですねー」
「でもJリーガーにできん」「笑」という会話を交わしたあと、
渡すもの渡して、「がんばってください」って言って終わり だったんですが。
近くにいた、某さんが「大海におなかさわってもらいよ!」と言うのです。
「いい!そんなん恥ずかしいけん、いい!」とわめく私。
帰りかけてた大海は笑いながら戻ってきて、手をかざすふりをしてました。
・・・タモリ?
腹を差しだすと、さわってくれました。
こんなばあさんの腹なんぞ触りたくなかったでしょう。
ほんと申し訳なかったです。周りの人も笑ってたし、恥ずかしかった。
でもすっごい嬉しかったです。
ありがとうございました。元気な子を産みます。

年に数回しか行けない練習見学。毎回楽しみにしてて、
今回も楽しかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。