上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
この前、暑かったので窓あけて網戸にしてました。
そしたらすくすくが網戸を突き破りました。

網戸
チョー貧乏くさいうちの網戸。びろーんってなってる。

おかげで窓をあけることができません。(すくすくが出るから)
暑いです。
子供がいるおうちは、必ず網戸は突き破られるそうですね?
そう言えば、私の妹もおばあちゃんちの網戸を突き破ってバーン!と庭に落ちたことがありました。


この前買ったコレ
シール

猛猫注意 貼ろうかな・・・。
スポンサーサイト
今日スカパーで大海がサポーターに向けて言ったことを書き起こしてみました。
決して、起こったことを「興味本位にあおる」ことが目的ではありません。

忘れないために。自分が応援している選手が、現状をどう思ってるのか。
それだけです。読んでみてください。鳥肌立ちます。
文章おかしいところあるけど、大海とサポーターのやりとりそのまんまです。

(高松がしゃべってたけど、言葉につまる。困ったな、どう言ったらいいか・・・みたいに
ちょっと後ろを振り返る。そしたら大海が前に出ようとする。
高松が腕を出して大海を止める。
でも、サポーターから「大海」の声がかかり、大海がトラメガ持って前に出る)

大海
「お互いが信じあえなかったら、大分自体がまとまんないってことじゃん、もっと、
だから俺らもサポーターも信じるし、サポーターも信じてほしいじゃん。
そのために俺らもこれからピッチで証明するから」

サポーター
「じゃあ信じていんだな」

大海
「信じていいよ」

サポーター
「次の試合勝とうや、次の試合、大海」
(あとちょっと何か言ってるのが聞こえない)

大海
「絶対勝つよ。みんな頼むよ、じゃあ応援」

サポーター
「わかった」

大海
「じゃあ絶対勝つぞー!」

サポーターからトリニータコール


大海の言った「信じていいよ」が耳から離れんです。
もう散々、語りつくされた感のある「信じる」とかいう言葉。
今のトリニータはまさに「末期症状」とも言える状態で、
信じるとか絆とか言ってる場合じゃない、とりあえず勝たないとって感じです。
でも。
やっぱり人がすることだし・・・
今のこの状態でもまだ、信じる とかいう言葉にすがりたくなる私は、甘いのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。