上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルゴラの携帯サイトに、柏戦後の大海インタビューが載ってました。
途中交代したから、インタビューないかと思ってた。
まるまる掲載はNGだと思うので、少し変えてます。

柏レイソルのプレッシャー又はスペースの飛び出しが早いのは研究して解っていた。
チームの約束事として「早いよせ」と「遅らせる」を徹底した。
柏レイソルに仕事をさせず、勝利に結びついた。
去年とDFラインが変わっていないので安定感もあったと思う。
鈴木選手がパスコースを限定してくれた事によっても守備しやすかった。
チーム全体として見た時は、やはり先制点が大きかった。
先制点を取った事によって柏レイソルDFが引きはじめた。
中盤を支配出来て流れが大分にぐっと来た。
開幕2連勝出来ましたが満足せずに監督も言っていた3連勝を目指して頑張って行きたい。
スポンサーサイト
せっかく朝エルゴラ買ったのに会社に忘れてきてしまいました。
なので記憶で書きます。

エルゴラに大分の練習レポのようなものが。
選手全員の体脂肪を測ったところ、ほとんどの選手が10%をきったのに
エジは・・・・だったらしい。
藤田のコメント「エジはヤバいですよ」みたいなのが載ってた。

エジ・・・。何%なんやろうか。
ポルトガル語で体脂肪っち何ち言うんやろうか。
2007.09.06 エルゴラ_高松
ホーム甲府戦の高松について。Man of the MATCH です。
「シンプルに前へ」このシンプルに前線にボールを蹴る攻撃で
大分は甲府に勝利。
これができたのも、高松という絶対的な強さをもった選手が
前線にいたからである。
今日の彼の強さは別格であった。
すごい久しぶりにUPします。いつものように、抜粋&変えてます。
... 続きを読む
ネモがどどんと載ってます。
(6節のプレビューに)

... 続きを読む
周作が表紙です!
横に飛んでる写真。デカデカと「EGアウォーズ 月間MVPはこの男!」と。
いいですね。勢いで3つも買ってしまいました、同じのを。
キオスクの人に変な顔されました。
... 続きを読む
U22シリア戦当日朝に、周作のことが載ってるかなと思い、買いました。
そしたら意外なとこに大分満載でした。
なので今回は長いです。
... 続きを読む
アウグスト躍動、2ゴール FC東京、カウンターに沈む だそうです。

大分の積極的な攻めが目立ったとか、
右サイドの高橋は対面の鈴木に積極的なアタックをしかけ
何度もチャンスを演出したとか。

一番いいなと思った文は、
「66分、自陣から根元がドリブルで30メートル以上運ぶと
サイドに開いた高松にパス。このボールを高松が余裕を持って
中央で待つアウグストへ供給したところで勝負あり。」
…あのシュートをプロの方が表現するとこういう文になるんですね。

試合は味スタに響き渡ったFC東京サポの「シュート打て!」コールが
象徴するように、だって。
そんなコールしよったんや。知らんかった。

Man of the MATCH は、アウグストです。
前半から相手のバイタルエリアに侵入し、何度かチャンスを作り出す。
後半に入るとカウンターの起点となり、2ゴールの活躍。 とかとか。

寸評と採点は、大分はアウグストとネモが7.0で最高点。
高松は6.0です。私的には高松がMVPやったに。
大海・下川・マラニョンがチーム最低の5.5点です。
なんか・・・私っちつくづく見る目ないなあ。
大海も下川もマラニョンもすごくよかったのに。
試合中のマラニョンコールなんか5回以上はあったと思うに。

FC東京は最高がGKの6.5点。高松のPK止めたけんやな。
後はみんな5.0点とかでした。



「シャムスカマジック」健在 若手大胆起用で初勝利 という見出しです。
別にいいけどさぁ、シャムスカマジックってさぁ、もういいよ・・・

しかし今回は大分すごい褒められてます。

大分はマンマークに長けた藤田を起用、これは週始めからチームで
練習していた、という内容。あとは、もっぱらムウ中心です。
若さあふれる積極的なプレーでチームに推進力を与え、章太が決めた
2点目は金崎が自陣深いところでインターセプト、
そして強引なドリブル突破したところから生まれたものだった と。
ムウをベタ褒めです。
さらに、ひたむきに「世界」を狙え と、ムウ特集記事も。
3戦目のプレーは特筆に価するとか、彼以上のタレントを持ったボランチは
(ユース年代には)いない とか。
努力を怠らず、かつ運が悪くなければ
A代表までいく選手だろう だそうですよ。

他にも、「大宮戦の先発メンバーには生え抜きが6人、
サブも含めれば8人。大分の凄さは、そのほとんどが
日本代表または日本代表九歩となっているところにある と、
シャムスカ監督の若手積極起用も取り上げられています。

Man of the MATCH は、ムウです。
計り知れない能力の一端を見せ付けた と。

寸評は、高松とムウが7.0で最高点。
大海は6.0です。「的確なカバーリングと激しい当たりで
ピンチを未然に防いだ」だって。

このエルゴラ、ムウに送ってあげた方がいいかなぁ・・・
だってすっごい褒められてる。A代表候補とまで書かれてる。
大きなお世話やろうか。送ってあげた方がいいやろうか。

カレンの起用で勝利以上の収穫 だって。けっ!!

アウグストがチームに全くフィットしていないとか
攻撃が高松依存だとか(否定できんなあ)書かれてます。
菊池には「中盤にはかなりスペースがあった」とまで言われてます。
エジ&トゥーリオ時代はこんなこと言われたことなかったよなあ

Man of the MATCH は、ファブリシオ(えーー?)菊池じゃないん?
寸評では、ダイスケと高松がチーム最高の6.5 
三木とアウグストが最低の5.0です。
大海は5.5 同サイドに流れてくる相手選手に対しての
ケアが足りなかった だって。
カレンにぴったりマークついちょったに、あれじゃ足りんかったんやな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。